新型コロナウィルス対策、サンパレス六甲の取り組みサンパレス六甲ウェディングのQ&A集

Q1

コロナウィルスに備えて、参列者を家族だけなど少人数での結婚式を行うか迷っています。

人数を厳選してご結婚式を行われる方もいらっしゃいます。 しかし、できるだけ多くの皆様に参加頂ける様、BIAのガイドラインに基づき 以下の取り組みを行っています。

■BIAのガイドラインにより、
・隣席との十分な距離(※1M-2M、1席程度開けるあける)をとること
・出来る限り広めの会場を手配することとあります。
サンパレス六甲では、ガイドラインに基づき以下の対応に努めております

披露宴会場 従来の対応人数 ガイドラインに基づいた対応人数
ロワイヤルブラン(3F) 138名 69名
スチューベン(2F) 58名 32名
マーセル(1F) 58名 32名
フロスト(2F) 24名 12名
ベイパー(2F) 24名 12名
カーム(2F) 12名 6名

着席配置も以下のように安心してご利用いただけるよう対応いたしております

従来のレイアウト
(定員6名テーブル)
新レイアウト
(定員3名に変更)

・換気に関しては、挙式会場・各披露宴会場など30分間隔で数分間の換気を行なっております。

・少人数様(~20名程)でもフロア貸切ウェディングを推進いたしております。 3密を十分に回避し、安心した結婚式の提案をさせていただいております。

Q2

第二波が起こった場合など、結婚式の日程延期の相談はできますか?

サンパレス六甲では、結婚式当日の16日前までに、相談いただければ、延期料金は発生致しません。(※招待状など印刷済みの実費費用のみ請求となります)、更に1年間の有効期限内に新日程を決定いただけます。

Q3

結婚式の見学に伺いたいのですが、まだまだ外出が不安です。

オンライン相談、電話相談、ご来店相談などお客様の要望に合わせたご新規様案内、また申込み後の結婚式の打合せを行なっております。

Q4

祖父母が高齢で、公共交通機関(電話、バスなど)を利用するのが不安です。良い方法はないでしょうか?

移動の際には様々なリスクが生じますが、まずはマスクの着用、近距離での会話、咳エチケットなどを守ることが現段階での最善策と思われます。
サンパレス六甲では、専用の送迎バスをご用意させていただいております。 隣席も十分(1M以上)に空け、換気、アルコール消毒なども徹底いたしております。 ご自宅前や最寄り駅からサンパレス六甲への往復など安心してご利用いただけます。 ご不安な方は、ご遠慮なくご相談ください。 また、お車にてお越しいただく場合は、無料駐車場(100台)をご利用くださいませ。

Q5

結婚式に参加中はゲストは常にマスクを着用した方が良いのでしょうか?

厚生労働省の発表によると、 「マスクは、咳、くしゃみによる飛沫を防ぐ高い効果を持ちます、症状がある方はマスク着用が望ましいでしょう(中略)。BIAガイドラインでは「列席者の来場字にはマスク着用を求め、ロビー、控室、式場等においては常にマスクを着用してもらうこと。集合写真の時は直前までマスク着用、会話を控えてもらうこと」とされてます。
サンパレス六甲でも、基本はこのガイドラインに従い、密集が避けられない場合にはマスク着用をお願い致します。屋外での写真撮影などは十分に配慮した上で、マスクを外すことも可能であると考えております。

Q6

ゲストが列席を控えた方が良い場合はどのような時ですか?

厚生労働省では「発熱などの風邪の症状がある場合は、仕事、学校、外出などを控えて下さい(中略)」と提言しています。BIAガイドラインにも「新型コロナウィルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航ならびに当該在住者との濃厚接触がある場合、発熱や風邪の症状がある場合には、参列はご遠慮いただくよう、事前に案内すること。なお、来場者に発熱等の症状がある場合、検温等を行い、来場制限する場合もある」としています。サンパレス六甲では、このガイドラインに従い、新郎新婦様より、列席の皆様にご案内いただくことを推進しております。

Q7

その他、結婚式当日の感染予防として行っている対策はありますか?

サンパレス六甲では、ガイドラインに基づき以下の対応に勤めております。
・アルコール消毒液を随所に配置、指先消毒を促しております。
(館内入口、ロビー、お手洗い、各会場、各円卓、ブライダルサロン、美容室、写真室など) ・館内のテーブル、イス、ドアノブ、エレベーターボタン、お手洗いなど不特定多数の方が触れる箇所は定期的な清拭消毒を実施致しております。
・スタッフは始業前検温の徹底、体調不良者は自宅要請の措置をとっております。
・スタッフは、マスク、手袋着用を徹底して、接客に努めております。 ・接客サロンにはお客様との間にアクリル板を設置し、飛沫感染を防いでおります。 ・エレベーターの定員数は最大4名とし、細心の注意を払いご案内致しております。
・マイクは使用の度に新しいものと交換致しております。

Q8

挙式や披露などで出来ない演出や、気をつけることはありますか?

BIAガイドラインに基づき、感染リスクが無いかを考慮した上で、ご提案をさせて 頂き、可能な限り新郎新婦様のご要望に叶うよう尽力致します。 ただし、以下のような内容が、感染リスクのある事項とし代案をご提案致します。

■キリスト式の場合
厚生労働省により、①換気を励行する。②人の密度を下げる。③近距離での会話
や発声、高唱を避けることがクラスター発生のリスク回避に繋がる。と提言しています。
その為、賛美歌合唱は控え、CD音源への変更を推奨してます。

■ケーキ入刀
生ケーキの入刀時は、新郎新婦と列席者の距離を十分にとり人の密集を回避する。

■各卓写真撮影や集合写真
各卓写真などは、密集するような写真は避けポーズ指定を行う。 集合写真撮影時も、直前まではマスクを着用し、撮影時も会話を控える。

■披露宴中のお酌
お酌をしあうことは、食器などを介した接触感染が広まるリスクあり、避けることを推進しております。お酌は行わず距離を確保した上で挨拶を交わすように変更する。

■大声を伴う余興
スピーチや余興で使用したマイクは使用毎に新しいマイクと交換させていただきます。 また大声を伴う余興に関しては、BIAガイドラインにも「余興を行なう際は列席者と十分な距離(※1M以上、可能なら2M)をとる。大声を発する余興は控えてもらう事」とあります。サンパレス六甲もガイドラインに従い、提案をさせていただきます。

その他、ご不明点はお気軽にお問合せください。

← 前のページへ戻る